リクルートカードの評判ってどうなの?

  • 男性・38歳

  • リクルートカードを利用しようと思った理由

    生活資金の大半をクレジットカードで支払いしていましたが、これまでは還元率0.5%のカードしか使っていませんでした。
    ネットサーフィンしていたら、偶然、リクルートカードのホームページに行きつき、PONTAポイントとして1.2%の高還元率にひかれました。
    こんなに高還元なのに年会費無料であることもすごいですし、
    nanacoのクレジットチャージでもポイントが付くので、間接的に普段はクレジット払いできない、もしくは手数料が高い
    税金や、水道などの公共料金のコンビニ支払にもPONTAポイントが付与されることも魅力でした。
    私は、ポンパレやホットペッパーグルメ、じゃらんの利用も多いので、ポイント利用の機会も多いとふみ、カード申し込みに至りました。

  • リクルートカードを実際に利用するまでの流れ

    リクルートカードのホームページよりクレジットカード作成の申し込みが可能です。
    まず、クレジットのブランドをJCBとVISAから選びます。
    次にWEBフォームに沿って必要情報を入力し、申し込み内容を確認の上、送信します。
    各カード会社の審査を経た後、申込み1週間程度でカードが郵送で手元に届きます。
    リクルートカードは入会特典で数千ポイントのリクルートカードのプレゼントがあることが多いです。
    入会特典については、WEB上のマイページで確認可能です。
    入会から期間限定で、携帯電話料金の支払いなどをするとポイントをもらえるキャンペーンもあり、
    事前にエントリーが必要なケースもありますので、入会後に忘れずにチェックしておきましょう。

  • リクルートカードを利用してみての感想

    クレジットカードのブランドがJCBとVISAで取扱い店舗が幅広いので、
    リクルートカードを使いたくても使えないという経験は今までありませんでした。
    税金や公共料金は一回の支払額が高いので、nanacoクレジットチャージでもPONTAポイント付与対象なのが非常に大きいです。
    還元率1.2%ですと、これまでのカードに比べてポイントが驚くほどざくざく貯まります。
    定期代の更新時や大きな買い物などでたとえば月に10万円支払った場合場合、1200ポイントも付与されます。
    貯まったPONTAポイントの使い勝手がよいのも助かります。
    私は普段、出勤日の昼食代としてローソンの支払に利用するほか、
    ホットペッパーグルメで予約して家族で美味しい物を食べに行ったり、じゃらんを使って旅行したりしています。
    年会費無料ですし、ローソンの利用が多い方や、リクルートのネットサービスをよく利用される方は持っていた方が良いカードだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です