リクルートマニアによるリクルートサービス紹介

 

リクナビ 男性 23歳

  • 大学在学中に、大学四年生という就活の時期を迎え、とりあえず就活サイトに登録しなければと考えて一番初めに登録したのがリクナビでした。リクルートが運営する就活サイトとして最も有名ですし、学生ならばもちろん知らない人はいないのでとりあえず手始めに登録しておけば間違いないと考えました。また求人の数もやはり圧倒的に多いのも魅力をでした。私の通っていた大学でも、まず初めに就活指導をするにあたり「リクナビとマイナビと日経就職ナビの三つを必ず登録しておくように!」と念を押されるほどです。実際就職活動中に知り合った就活生に「どんな求人媒体を利用しているの?」と質問すると大体9割がたの確率で「リクナビ」と答えが返ってきます。圧倒的な知名度と信頼感が登録の決め手です。

    通常は検索エンジンでリクナビを検索し、個人情報等の入力を行います。ただし私は大学でほぼ強制的に登録をさせられるためあらかじめ用意されていた登録用紙に必要事項を記入して提出すれば登録が完了するという流れでした。その後プロフィール等の入力を求められるのでそのプロフィールを充実させて効率よくオファー等をゲットしつつ就活を進めていきました。自分のアピールポイントはしっかり下書き等してから入力作業に移るのがオススメです。またリクナビだけでなくマイナビ等他の会社の就活サイトも併用し、マイナビにない求人がリクナビに掲載されていたりと情報を補完し合いながら利用することで自分の興味の有る業界の採用情報を抜け漏れなく入手し効率よく就活を進めることができました。

    結論から申し上げると、最終的に私はリクナビ2016で出会った企業の会社に内定をいただくことができ新卒入社するに至りました。個人的にはマイナビよりも若干選りすぐりというか、隠れた優良企業が多く掲載されているように簡易時ました。機能面等で申し上げるならば、サイトのインターフェースがかなりスッキリしていてわかりやすいのでスムーズに企業研究等ができるのが魅力でした。オープンES機能も斬新で便利な機能だなと感じましたがその反面、一生懸命丁寧にオープンESを入力して提出しても結局、再度企業側からESに近しい書類の提出を求められることが多いため、ちょっと面倒だと感じることがありました。目を本当に通してくれているのかなと心配になります。そしてサイトの読み込み速度がマイナビさんよりも若干遅いようにも感じます。個人差はあるようですが、私の友人にも同じように読み込みが遅いと感じていることが多かったと思います。ただ結果として本媒体を利用して内定をゲットすることができたので本当に感謝しています。ありがとうございました。

リクルートスタッフィング

  • 転職活動をしており、過去に経験のあった業種から異業種へのキャリアチェンジを考えておりました。
    その為、働き方や労働時間、自分に適正があるかどうかなど、判断が出来なかったので、
    直接すぐに正社員になるのではなく、自信と企業がお互いに判断できる期間を設けるため、
    紹介予定派遣という雇用形態からの勤務開始をしたいと思ったのが、リクルートスタッフィングを
    利用しようと思った理由です。
    また、業界最大手なので、紹介案件数も一番多く安心して様々な業界を吟味できるのではないかと
    考えたのが、もう一つの大きな理由です。
    他社の人材紹介会社では、事務系に強い、営業系に強い、など得意領域に幅がありますが、
    莫大な案件数を持っている同社では、選択肢が多く持てるのではないかと期待しました。

    実際に利用するにあたって、まずはweb上でのエントリー作業を行います。
    自身の履歴書、職務経歴書をwebで作成し、担当者に確認してもらうことになります。
    確認が終わりましたら、キャリアアドバイザーを担当している方から連絡をもらい、
    カウンセリングおよび希望職種や条件の面談を行う日程を調整します。
    面談当日は自身の経験に基づいて、次はどんな業界に挑戦していきたい、どんなキャリアプランを
    描いていきたい、などの希望条件をお伝えし、それにあった企業の求人票をピックアップして
    紹介してくれますので、自分で応募したい企業を選んで、応募意志を伝えることになります。
    実際の応募や面談の設定などは担当者が行ってくれますので、指定された日に面談に行き、
    合格すれば入社を検討する流れになります。

    私は4社ほど面談をさせていただきました。
    その4社もすべて業界が違う、過去に経験のない企業でしたが、
    自分の可能性を試したい、という思いを担当者が理解してくださり
    紹介してくださったので、大変多くの選択肢を持つことが出来ました。

    納得がいくまで考え、入社させていただくことが出来ましたので、
    現在は正社員に切り替わり、役職者を目指して日々業務に励んでいます。

    転職は中々自分だけでは分からないことも多く、判断も間違えやすいものだと思います。
    そういった時に、業界最大手で案件数も多く、実績も持っているリクルートグループの
    紹介を受けながら転職を決めることが出来たのは、今でもとても良かったなと感じています。

    実績やノウハウがあるからこそ、的確なアドバイスが出来ると思うので、
    そういった意味で大手であることのメリットを改めて実感しました。
    それ以来、転職を考えている友人や知り合いには、このサービスを進めるようにしているぐらい、
    とても自分の人生の選択の手助けになったと、心から感じています。

リクルートエージェント

  • 半年程前に転職活動を行っていました。最初は自分で探したり、エージェントの使用は初めはマイナビのみでした。マイナビエージェントは偶々マイナビのWEBサイトが私が良いと思う求人が多く、エージェントからも同じ求人を紹介してもらえるのではないかという勘違いから登録をしました。その勘違いはすぐ払拭されたのですが、そのまま利用していた所で内定を頂けそうな企業が出てきました。しかし、諸事情により社長の決裁が下りず結局その企業から内定は頂けませんでした。その旨を人材会社で働く身内に話したところ、強くリクルートに登録することを勧められました。理由は断トツで案件が多いからとのことでした。転職活動をやり直すために仕切り直しで新たにリクルートエージェントも登録することにしたのが利用しようと思った理由です。

    転職エージェントでは実際によくある一般的な項目の入力が開始前に必要でした。具体的には個人情報を初め、自己PR、職務経歴や資格の有無等です。正直やや面倒くさい部分があり、しかもマイナビエージェントよりは記入方法が分かりにくかったです。ですが、実際に応募に必要なテンプレートとなっているため、一度入力したらそれはとても便利でした。登録が済んだら驚く位早く(1日なかったと思います)エージェントとの面談の提案メールを頂きました。エージェント側は基本的に平日だったと思いますが、その中(というか営業日、営業時間内)から都合の良い候補日を選んで返信します。そしてエージェントからもう一度返信を頂き、面談日を設定しました。当日はリクルート本社(東京駅)に伺うことになります。

    正直に申し上げると悪くなかったという印象です。担当者との相性にもよると思いますが、私は同い年位の女性の方でした。面談で言われたことはマイナビの担当者よりも辛口でその点はとても良かったです。プロの視点から転職の素人に対する良いアドバイスを頂けたと思います。また、資料もとても豊富で転職市場の様子やどういったことをポイントとして活動すれば良いのか、といった情報も教えて頂けました。そこまでに関してはとても良かったと思います。しかし面談が終わってからは基本的にWEB上でお勧め企業を頂くのですが、その件数がかなり多くて面倒臭かったです。というのも担当者はとりあえず数多く応募することを勧めてきて(コンスタントに駒を作っておくという理屈でそれは理解できました)、自分に合わない会社もそこには多く含まれてきました。情報を一つ一つ確認するのも手間で、働きながら転職活動というだけで疲れるのに情報を整理するのにもさらに疲れてしまいました。結局興味を持ったリクルート関連の会社1社で内定を頂きました(最終的には辞退しました)。選考を勧める際のアドバイスは丁寧に電話でして下さり、その部分も良かったです。面談と選考中のサポートは良かったのですが、情報整理については私にはあまり合わなかったと思いました。